ウェブページ

Powered by Six Apart

被爆者の生の声が聞かれます

右脳俳句で自分史作り

心を癒す風景画

アクセスカウンター

時計

日本尊厳死協会九州支部

メルマガ・俳句読本


-占い-

俳句読本「40417」

4月17日(木) 陰暦三月(弥生)十八日 戊午 七赤金星 友引 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界ヘモフィリアデー(世界血友病の日)、職安記念日(ハローワークの日)、恐竜の日、なすび記念日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
浅間燃え春天緑なるばかり  前田普羅

                                        
季題・春の空(雄大な景が見事ですね)

                                       
母と妻街の噂を桜餅  深見けん二

                                     
季題・桜餅(さくらもち/昨日、妻手作りの桜餅を食べました。美味かったです。東京向島の長命寺の桜餅が有名)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「悪事」

                               
天網(てんもう)は恢恢(かいかい)として疎(そ)にして失わず。

『老子』 

                               
(天の網はあらく見えるが悪事を決して見逃すことはない。これを信じないと生きていけない。)
…………………………………………………………………………
きょうの鳥「コジュケイ(小綬鶏)、キジ目キジ科の留鳥、全長約27センチ」。中国南部、台湾に分布し、1919年に東京都と神奈川県に放鳥されたものが繁殖し、現在は本州から九州まで生息している。繁殖期には「チョットコイ、チョットコイ」と聞こえる声で鳴くそうである。餌は種子や昆虫などを食べる。
  

Photo

Photo_2

Photo_3
撮影地 埼玉県浅羽ビオトープ  撮影 S・植木氏

  

2014年4月16日 (水)

俳句読本「40416」

4月16日(水) 陰暦三月(弥生)十七日 丁巳 六白金星 先勝 「大潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボーイズビーアンビシャスデー、女子マラソンの日、チャップリンデー、
foursquareの日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
旅にあることも忘れて朝寝かな  高浜虚子

                                        
季題・朝寝(朝6時ぐらいから8時ぐらいまでとろとろ眠る気持ちよさ)

                                       
曳く網に光の渦の蛍烏賊  山田英津子

                                     
季題・蛍烏賊(ほたるいか/ホタルイカモドキ科の小型のイカ。「今年は
不漁だ」だと漁師さんが嘆いていました)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「謙虚」

                              
常に謙虚であるならば、誉められたときも、けなされたときも間違いをしない。

ジャン・パウル/ドイツの作家 

                               
(けなされたときに本性がわかる)
…………………………………………………………………………
きょうの鳥「ヒメウ(姫鵜)、ペリカン目ウ科の海鳥,全長約68センチ」、日本からアリューシャン列島を経てカリフォルニア沿岸まで分布する。日本では北陸から北九州沿岸までの日本海側、本州北部、北海道などの海岸や沿岸の島で繁殖している。留鳥であるが冬は暖かい地方へ移動するものもある。潜水が得意で魚類やイカなどを潜って採餌する。
  

Photo

Photo_2

Photo_3
撮影地 千葉県銚子漁港  撮影 S・植木氏


2014年4月15日 (火)

俳句読本「40415」

4月15日(火) 陰暦三月(弥生)十六日 丙辰 五黄土星 赤口 「大潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界医学検査デー、ヘリコプターの日、遺言の日、東京ディズニーランド開園記念日、像供養の日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
磯遊びせる声を風運び来る  右城暮石

                                        
季題・磯遊び(いそあそび/潮干狩りなども入るでしょう)

                                       
浅蜊ほる母とほし白帆母の背に  秋元不死男

                                     
季題・浅蜊(あさり/マルスダレガイ科の二枚貝)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「貴賤」

                               
職業に貴賤はないとおもうが、生き方には貴賤がある。

永六輔 『無名人名語録』

                              
(確かに!恥を知らぬ人が増えてきた)
…………………………………………………………………………
きょうの鳥「ヒレンジャク(緋連雀)、スズメ目レンジャク科の冬鳥、全長約18センチ」シベリアの東南部で繁殖し、日本、中国で越冬する。餌は木の実を食べる。同種のキレンジャクより渡来数が少ない。
  

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5
撮影地 埼玉県浅羽ビオトープ(4月) 撮影 S・植木氏


2014年4月14日 (月)

俳句読本「40414」

4月14日(月) 陰暦三月(弥生)十五日 乙卯 四緑木星 大安 「大潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オレンジデー、パートナーデー。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
遠足のおくれ走りてつながりし  高浜虚子

                                        
季題・遠足/よく見られる光景です)

                                       
すずめをどるやたんぽぽちるや  種田山頭火

                                     
季題・蒲公英、鼓草(つづみぐさ)ともいう)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「健康」

                               
健康な人は自分の健康に気がつかない。病人だけが健康を知っている。


カーライル/イギリスの評論家、歴史家

                              
(大病を乗り切った人は知っている。自分が生きているのではなく生かされていることを!)
…………………………………………………………………………
きょうの絵画「春の長崎チャーチル展4/8~13」
  

Img_4475_1024x725

Img_4476_1024x777

Img_4479_1024x821
作品 山崎衆一郎さん(ほかの作品はガラスに光が反射して撮れませんでした)


2014年4月11日 (金)

俳句読本「40411」

4月11日(金) 陰暦三月(弥生)十二日 壬子 一白水星 友引 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
メートル法公布記念日、中央線開業記念日、ガッツポーズの日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
麗かにいつもの話繰り返し  榎本暉子

                                        
季題・麗か(うららか/春の日が明るく晴れ渡り、諸々の風物が和やかに見えるさま、今や春爛漫ですな)

                                       
つつじ咲く駅より旅のはじまりし  石川美智子

                                     
季題・躑躅(つつじ/ツツジ科ツツジ属の総称、当地はもう八分咲き)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「真理」

                               
真理の矢を投げるなら、その先端を密にひたせ。

                              
『アラブの諺』

                                  
(功を急ぐと真理も通らない)
…………………………………………………………………………
きょうの鳥「アカエリカイツブリ(赤襟鳰)、カイツブリ目カイツブリ科、全長約47センチ」冬羽は全体に灰褐色で地味であるが、夏羽では頸部がよく目立つ栗色になる。北半球の中・高緯度地域に広く繁殖分布し、日本では北海道の湖沼に少数が繁殖している。冬季には、少数が本州以南各地の沿岸海域でも観察される。餌は潜水して小魚、水中の小動物、少量の水草を採餌する。
冬羽    

Sip_090305461100

Sip_0907472100
夏羽

Sip_0911100100 夏羽は25/5撮影

Sip_091202471100_2

撮影地 千葉県銚子  撮影 S・植木氏

2014年4月10日 (木)

俳句読本「40410」

4月10日(木) 陰暦三月(弥生)十一日 辛亥 九紫火星 先勝 「若潮」
鴻雁北「こうがんきたす(雁が北へ帰っていく頃)」七十二候の一つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
女性の日、婦人参政記念日、ヨットの日、駅弁の日、瀬戸大橋開通記念日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
のどかさや早き月日を忘れたる  炭太祗

                                                          
季題・長閑(のどか/春の良い天気に心がゆったったりとのんびりするさま)

                                 
桜貝見せてのひらのさくらいろ  荒井英子

                                
季題・桜貝(さくらがい/ニッコウガイ科の二枚貝、殻が薄く殻長約3センチ、殻の内外とも桜色で光沢があり美しい。貝細工に利用される)   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「徳」

                                                            
徳性は宝石のようなもので、あっさりとした台にはめ込まれたものが最上である。

                                    
ベーコン/イギリスの政治家、哲学者 『随筆集』

                                
(徳ある人とはふだんは目立たない人なのかもしれない)
…………………………………………………………………………
きょうの鳥「トラツグミ(虎鶫)、スズメ目ツグミ科の鳥、全長約30センチ」色が黄褐色で黒褐色の虎斑が全身にあるのが名の由来。雌雄同色で日本の全国にいる漂鳥また留鳥である。昔は鵺(ぬえ・源頼政が紫宸殿の上から射落としたという頭はサル、胴はタヌキ、尾はヘビ、手足はトラという妖怪)の鳴き声と思われていた。見かけよらぬ「ヒィーイ」「ヒィーイ」と不気味な声でなく。餌はミミズなどの小動物を食べる。」
  

1

2

Photo

Photo_2
撮影地 神奈川県 相模原市  撮影 S・植木氏


    

2014年4月 9日 (水)

俳句読本「40409」

4月9日(水) 陰暦三月(弥生)十日 庚戌 八白土星 赤口 「長潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
反核燃の日、子宮頸がんを予防する日、大仏の日、左官の日、美術展の日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
永き日や欠伸(あくび)うつして別れ行く  夏目漱石

                                        
季題・永き日、日永(ひなが/最近は日が永くなったことを実感しますね)

 
都忘れふるさと捨ててより久し  志摩芳次郎

季題・都忘れ(みやこわすれ/キク科の多年草。順徳天皇が佐渡に流されていたとき、庭に咲くこの花をさしこの花をみていると都のことを忘れられる、といったのが由来とされる。)   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「恋」

                               
不思議にも、世に盲目と言われているものが、あべこべに彼の眼を開けてくれた。

    
島崎藤村/作家 『新生』

( 恋は盲目というのに、眼が開くような恋とは真実の愛?)
…………………………………………………………………………
きょうの鳥「ヨシガモ(葭鴨)、カモ目カモ科の鳥」全長は雄52センチ、雌43センチ。カムチャツカ半島、東部シベリア、千島列島、サハリン、モンゴル、中国北部で繁殖する東洋特産種で、冬期は中国南部、インド、イランなどにも渡って越冬する。日本では北海道に少数が繁殖するほか冬鳥として渡来するが数は多くない。おもに湖沼、河川、内湾などに生息し二枚貝、水生昆虫、水生植物を採餌する。

てまえの頭が黒いのは「オオバン」     

Photo



Photo_2


Photo_3


Photo_4


撮影地 小田原市  撮影 S・植木氏

2014年4月 8日 (火)

俳句読本「40408」

4月8日(火) 陰暦三月(弥生)九日 己酉 七赤金星 大安 「小潮」
花祭り
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
忠犬ハチ公の日、参考書の日、タイヤの日、出発の日、世界ロマの日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
花祭り母の背ぬくし風甘し  楠本憲吉

                                        
季題・花祭(はなまつり/四月八日のお釈迦様の誕生日を祝う行事を仏生会、花祭りという。毎年近くの商店街でも甘茶が振る舞われれています)

山里に首出す富士や葱坊主  村山古郷

季題・葱坊主(ねぎぼうず/ネギの花が茎の先に無数に咲き球状になるのを坊主の頭にたとえたもの。ネギはユリ科の多年草)   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「恋愛」

                               
恋愛は人情の永久的な音楽であり、青年には希望を、老年には後光を与える。

    
S・スマイルズ/イギリスの作家

( 小学生の孫からおじいちゃんの後頭はまぶしいと言われます)
…………………………………………………………………………
きょうは「桜に鶯」。「ウグイス(鶯)、スズメ目ウグイス科、全長約15センチ。」梅に鶯ですが、梅時、メジロは毎日来ていましたがウグイスは来ませんでした。長崎の桜は既に葉桜に近くなっています。
   

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5
撮影地 埼玉県北本自然観察公園(4/7)  撮影 S・植木氏


2014年4月 7日 (月)

俳句読本「40407」

4月7日(月) 陰暦三月(弥生)八日 戊申 六白金星 仏滅 「小潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界保健デー、1994年のルワンダにおけるジェノサイドを考える国際デー、農林水産省創立記念日、労務管理の日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
花冷えや鍵の掛かりし子の机  河合澄子

                                        
季題・花冷(はなびえ/桜が咲く頃の冷え込み、長崎も冷え込みました。)
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「老い」

                               
つねに多くのことを学びつつ、私は年をとる。

    
ソロン/ギリシャの七賢人の一人 『断片』

(そうありたいです)
…………………………………………………………………………
きょうの写真「クィーンエリザベス号、長崎には豪華客船がよく入港する。先月の3月22日、世界最大級のクィーンエリザベス号(90,400トン)が初入港。あいにくと佐賀へ墓参りに行ったので撮ることは出来なかったが、友人の R・MDが女神大橋から撮った写真を拝借しました。」
  

20140321_462643

Dsc_0878

Dsc_0885

Dsc_0919


撮影 R・H MD & Ms.Hazama

2014年4月 4日 (金)

俳句読本「40404」

4月4日(金木) 陰暦三月(弥生)五日 乙巳 三碧木星 先勝 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
地雷に関する啓発および地雷除去支援のための国際デー、交通反戦デー、沖縄県誕生の日、ピアノ調律の日、あんぱんの日、ヨーヨーの日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
春の海終日(ひねもす)のたりのたりかな  与謝蕪村

                                        
季題・春の海(津波の被害がなくてよかったですね)

   
水ひて畦縦横や金鳳華  原石鼎


季題・金鳳華、金鳳花(きんぽうげ/キンポウゲ科の多年草、日本全土および朝鮮半島、中国、台湾に分布。山野で普通にみられる。茎は細く、直立し、高さは30センチ~60センチ。四月か~五月、つやのある黄色い五弁花を咲かせる。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言「希望」

                               
二人の人間が同じ格子の中から外を見ている。一人は泥を、一人は星を。

    
ラングブリッジ/アメリカの作家

(いかなるときも希望を失ってはいけない)
…………………………………………………………………………
きょうの絵画「シャクナゲ」
  

Img_0056_1024x860
絵 山下康博画人 「心を癒す風景画 古里の四季」

2014年4月 3日 (木)

俳句読本「40403」

4月3日( 木) 陰暦三月(弥生)四日 甲辰 二黒土星 赤口 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本橋開通記念日、愛林日、いんげん豆の日、ペルー日本友好の日、水の日、シーサーの日。葉酸の日。
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
                                        
春眠の覚め際夢をもうひとつ  下村ひろし

                                        
季題・春眠(しゅんみん/下記の詩より由来した季語)

   

春眠暁(あかつき)を覚えず 処々(しょしょ)に啼鳥(ていちょう)を聞く

夜来風雨(やらいふうう)の声 花落つること知んぬ多少ぞ

孟浩然 「唐詩選」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 今日の名言

                               
民の声は神の声 『ローマの諺』

    
(神の声を無視するようになると、ジ エンドである)
…………………………………………………………………………
きょうの鳥「ヒクイナ(緋水鶏)、ツル目クイナ科、全長約23センチ」、インドから中国東部およびフィリピンにかけて分布し、日本には夏鳥として渡来する。また少数だが越冬するもがある。各地の水田や湿地で繁殖する。特徴として鳴き声が戸をたたいているように聞こえるところから『源氏物語』にもみられるが「水鶏たたき」という表現が生まれた。
  

Photo


Photo_2

Photo_3

Photo_4

撮影地 横浜市(三月)  撮影 S・植木氏