ウェブページ

Powered by Six Apart

被爆者の生の声が聞かれます

右脳俳句で自分史作り

心を癒す風景画

アクセスカウンター

時計

日本尊厳死協会九州支部

メルマガ・俳句読本


-占い-

俳句・名言・鳥「コシャクシギ・パート2」

4月28日 (火) 陰暦三月(弥生)十日 甲戌 五黄土星 赤口 「長潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主権回復記念日、労働安全衛生世界デー、ドイツワインの日、缶ジュース発売記念日、象の日、庭の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

片みちは歩いて春を惜しみけり  安住敦

季題・春惜しむ

春暑く花店朝の水うてり  西島麦南

季題・春暑し(昨日は正に春暑しだったですね)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「失敗」  

ときとしてわれわれは、ひとりの人間の徳からよりも失敗から多くのことを学ぶであろう。

ロングフェロー/アメリカの詩人『ハイペリオン』

(失敗は成功のもと)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「コシャクシギ・パート2」
  

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

撮影地 東京都葛西臨海公園  撮影 S・植木氏



「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html

2015年4月27日 (月)

俳句・名言・鳥「コシャクシギ」

4月27日 (月) 陰暦三月(弥生)九日 癸酉 四緑木星 大安 「小潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
哲学の日、婦人警官の日、国会図書館開館記念日、駅伝誕生の日、世界生命の日、絆の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

弧を描きて決まるシュートや風光る  谷野由紀子

季題・風光る/弾丸ミドルシュート、キーパーが手を伸ばしジャンプしているいるのが目に見えるようです)

西の窓南の窓もつつじ山  辻桃子

季題・躑躅(つつじ/ツツジ科の低木、旅宿からの景)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「五つの誓い」  腰塚勇人/元教師、講演家


口は 人を励(はげ)ます言葉や 感謝の言葉を言うために 使おう

耳は 人の言葉を 最後まで 聞いてあげるために 使おう

目は 人の良いところを 見るために 使おう

手足は 人を 助けるために 使おう

心は 人の痛みが 分かるために 使おう


これは、大けがをして一生寝たきりだと言われた腰塚さんが、「命があることも、生きていることも当たり前ではない」ことに気づき、自分と他人を傷つけない生き方をしたいと心に決めた「五つの誓い」です。みんなが「口・耳・目・手足・心」をこんなふうに使うことができたら、素晴らしい世の中になると思いませんか?

(これは、父、小生、子、孫と四世代通った長崎市立伊良林小学校の運動場の横にある掲示板に書かれているものです)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「コシャクシギ・チドリ目シギ科」、全長約30センチ、雌雄同色。主にシベリア地方で繁殖し、ニューギニア、オーストラリアに渡り越冬する。日本では春と秋に極少数が旅鳥として渡来する珍鳥である。水田、草原などに生息し、主に昆虫類を捕食する。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

撮影地 東京都葛西臨海公園(2015・4月)  撮影者 S・植木氏


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html

2015年4月26日 (日)

四月句会「2015」

四月句会(2015)

先見えぬ病の日々や春惜しむ  路子

春愁に悩み重なりケセラセラ  和牛

春昼や目の前のもの探しをり  洋子

下り坂ぶらり脇道春惜しむ  伯水

老いていま惜春の情深かりし  汀子

寝たきりの子に蓮華草摘みて行く  初枝


ぎっくり腰で一人休まれたので出席5人と言うお喋り主体の句会になりました。

通りを歩いているとジャスミンの香が漂ってきました。見事な生垣なので断りもなく撮らせて頂きました。
  

Dsc_0049_1024x658_2


ダリアも咲いていました

Dsc_0052_1024x681


2015年4月24日 (金)

俳句・名言・絵画「古里有情」

4月24日 (金) 陰暦三月(弥生)六日 庚午 一白水星 友引 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
植物学の日、日本ダービー記念日、しぶしの日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

囀や二羽ゐるらしき枝移り  水原秋桜子

季題・囀(さえずり/鳥の雄が雌への求愛や縄張りを主張するために鳴くことをいう。我庭でも盛んに囀っていました)

泊まることにしてふるさとの葱坊主  種田山頭火

季題・葱坊主(ねぎぼうず/ネギはユリ科の多年草)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「世間」

智に働けば角が立つ。情に棹(さお)させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角(とかく)に人の世は住みにくい。

夏目漱石/作家 『「草枕」の出だし』

(まったくその通りでござる。昔も今も変わらんですね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの絵画「古里有情」

40420

絵画 山下康博画人(山鹿市在住)  心を癒す風景画「古里の四季」より

「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html

2015年4月23日 (木)

俳句・名言・鳥「フクロウ」

4月23日 (木) 陰暦三月(弥生)五日 己巳 九紫火星 先勝 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
サンジョルディの日、世界図書・著作権デー、子ども読書の日、国際マルコーニデー、地ビールの日、シジミの日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吹く風にぶつかりあつてチューリップ  今瀬剛一

季題・チューリップ(中央アジア原産ユリ科の球根草)

道端の黄色いチューリップがきれいでいた

Img_0002_1024x856 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 余禄  きょうの名言「美人」

美人で頭がよいというのは一種の辛い人生ではあるまいか。

山口瞳/作家 『江分利満氏の華麗な生活』

(「天は二物を与えず」というがそうではない。私が脳腫瘍の約三ヶ月の闘病を終え退院して六日目に、当時24歳の「諏訪内晶子」さんのリサイタルに行った。前から二列目、かぶりつきである。この時しみじみ「天は二物を与える」ことがあるのだと知った。途中意識朦朧となりながら、あまりの美しさにこれは天女が天上の音楽を演奏しているのではというそんな至福の時間を過ごすことが出来た。もう大分昔の話である)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「フクロウ(梟)、フクロウ目フクロウ科」、全長約50センチ、雌雄同色、九州以北の全土に分布する留鳥。林や草原に分布し、主に小動物を捕食する。子どもの頃は神社の森に飛来していたが最近は見かけることがない。夜行性なので昼間は寝ていることが多い。
  

Photo

Photo_2

Photo_3

撮影地 埼玉県  撮影 K・植木氏(S・植木の子息、昨年子どもが生まれ、いま子育てに夢中で探鳥も
休みがちとか)

「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html

2015年4月22日 (水)

俳句・名言・鳥「ハマシギ」

4月22日 (水) 陰暦三月(弥生)四日 戊辰 八白土星 赤口 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アースデー(地球デー)、国際母なる地球デー、よい夫婦の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

長閑けしや肩かす人も寝息立て  安里道子

季題・長閑(のどか/昨日は風も雲もないあたたい春の一日でした。都電での光景かな)

てふてふひらひらいらかをこえた  種田山頭火

季題・(小生が小学一年の時は、てふてふ(蝶々)と習ひました)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「恋」

恋に焦がれて鳴く蝉よりも、鳴かぬ蛍が身を焦がす。 『山家鳥虫歌』

(調子いいリズムで恋心が語られていますな)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「ハマシギ・チドリ目シギ科」、全長約21センチ、雌雄同色、日本へは旅鳥または冬鳥として全国各地に渡来する。干潟、砂浜、河口、水田などに生息し、貝類、甲殻類、ゴカイ、昆虫類を捕食する。
  

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

撮影地 船橋市(3月)  撮影地 S・植木氏


  

「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html

2015年4月21日 (火)

俳句・名言・鳥「タシギ」

4月21日 (火) 陰暦三月(弥生)三日 丁卯 七赤金星 大安 「中潮」

葭始生「よしはじめてしょうず(ヨシ・アシが芽を出し始める頃)」七十二候の一つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
民放の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

風車ほどよき風にうられけり  荒川邪鬼

季題・風車(かざぐるま/カラカラという音が聞こえてきそうです)

ほろほろと山吹散るか瀧の音  松尾芭蕉

季題・山吹(やまぶき/バラ科の落葉低木)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言

滑稽も人間の深いところから発する時は、たちまちにして悲愴なものとなる。

アナトール・フランス/フランスの作家 

(当人が滑稽さに気付いていない場合救いがない)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「タシギ、チドリ目シギ科」、全長約27センチ、日本では春と秋に渡りの途中に飛来する旅鳥、または本州以南では越冬のために飛来する冬鳥。水田、河川、湿地などに生息し、昆虫類、節足動物、甲殻類、種子などを食べる。
  

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

撮影地 東京都葛西臨海公園(4月)  撮影 S・植木氏


  


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html

2015年4月20日 (月)

俳句・名言・鳥「ヤツガシラ」

4月20日 (月) 陰暦三月(弥生)二日 丙寅 六白金星 仏滅 「大潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
郵政記念日、青年海外協力隊の日、女子大の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

春愁やしばしば同じ人の夢  伊勢喝象

季題・春愁(しゅんしゅう/春の愁いは人それぞれだが、この句は何か分かるようなきがします)

シャボン玉幼子の夢空を舞う  

(小生の句です。三歳の孫娘とシャボン玉をしていると風が吹き出し空へ舞い上がり出しました。すると孫はストローを投げ出し「ワーイ!ワーイ!シャボン玉の世界だ!」と手を挙げてシャボン玉を追いかけました。自分ではまあまあ良くできたかな、と気に入っている句であります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言

待つことを知る者は、望む物を得ることができる。 『フランスの諺』

(急いては事を仕損ずる、まてば海路の日和あり。国は違えど言っていることは変わらない)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「ヤツガシラ、サイチョウ目ヤツガシラ科」、全長約28センチ、日本へは少数が旅鳥または冬鳥として渡来する珍鳥である。ネットによるとヤツガシラを目にすることができたバードウォッチャーは少ないとある。平地の草地や農耕地に生息し地上を歩きながら昆虫などを補食する。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

撮影地 埼玉県 撮影者 S・植木氏

「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.htm

2015年4月17日 (金)

俳句・名言・鳥「コサギ」

4月17日 (金) 陰暦二月(如月)二十九日 癸亥 三碧木星 赤口 「大潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界ヘモフィリアデー(世界血友病の日)、職安記念日(ハローワークの日)、恐竜の日、なすび記念日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遠足の殿(しんがり)までを犬の吠え  西田比呂志

季題・遠足(昨日の地元ローカル紙に載っていた句です。小型犬がキャンキャン吠え続けている光景が目に浮かぶます。殿が良いですね)

菜の花の中を浅間のけぶりかな  小林一茶

季題・菜の花(説明なんていらないですね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「春」

春は眠くなる。猫は鼠を捕る事を忘れ、人間は借金のある事を忘れる。時には自分の魂の居所さえ忘れて正体なくなる。

夏目漱石/作家 『草枕』

(昨今の異常気象ではこうはいかんですな)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「コサギ(小鷺)、コウノトリ目サギ科」、全長約60センチ、雌雄同色、留鳥または漂鳥、本州以南に分布する。河川、水田、湖沼、湿地、海岸などに生息する。食性は魚類、カエル、ザリガニなどを食べる。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

撮影地 千葉県習志野市(2015・4月)  撮影 S・植木氏


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html

2015年4月16日 (木)

俳句・名言・絵画「シャクナゲ」

4月16日 (木) 陰暦二月(如月)二十八日 壬戌 二黒土星 大安 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ボーイズビーアンビシャスデー、女子マラソンの日、チャップリンデー
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

永き日の猫の欠伸をもらひけり  山岡麥舟

季題・日永(昨日はダウンジャケット着たぐらい寒かったです、でも日は永いです)

我国は草もさくらを咲きにけり  小林一茶

季題・桜草(さくらそう/サクラソウ科の多年草)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「人生」

人生を明るいと思う時も、暗いと思うときも、私は決して人生をののしるまい。

ヘッセ/ドイツの作家

(そんなふうに生きたいです)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの絵画「シャクナゲ」

40404

絵 山下康博画人(山鹿市在住・友人)

「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html

2015年4月15日 (水)

俳句・名言・鳥「カンムリカイツブリ」

4月15日 (水) 陰暦二月(如月)二十七日 辛酉 一白水星 仏滅 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界医学検査デー、ヘリコプターの日、遺言の日、京和装小物の日、像供養の日、東京ディズニーランド開園記念日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

朝寝して犬に鳴かるる幾たびも  臼田亜浪

季題・朝寝(犬を飼っている人は思い当たることがありそうな)

しとどに濡れてこれは道しるべの石  種田山頭火

(昨日は,長崎も雨が降ったり日が照ったり、雷が鳴ったり雹が降ったりと一日変な天気でした)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「青年」

青年には欠点があるとしても、それはやがてなくなってしまうものである。

ローウェル/アメリカの詩人、外交官 『講演-1886・11 ・8』

(欠点をそのまま持って年を取る人が結構多いよね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「カンムリカイツブリ・カイツブリ目カイツブリ科」、全長約56センチ、雌雄同色。日本では冬鳥として九州以北に渡来する。河川、湖沼、湿原、港湾などに生息する。食性は魚類、両生類、水生昆虫などを補食する。潜水が得意で30秒以上潜ることが出きる。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

Photo_7

撮影地 東京都葛西臨海公園(2015・4月)  撮影 S・植木氏


  


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
 「俳句読本」に掲載した俳句集[春]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku.html