ウェブページ

Powered by Six Apart

被爆者の生の声が聞かれます

右脳俳句で自分史作り

心を癒す風景画

アクセスカウンター

時計

日本尊厳死協会九州支部

メルマガ・俳句読本


-占い-

俳句・名言・絵画「出島界隈」

1月30日(金) 陰暦十二月(師走)十一日 丙午 七赤金星 仏滅 「若潮」

鶏始乳「にわとりはじめてにゅうす(ニワトリが卵を産み始める頃)」七十二候の一つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3分間電話の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日脚伸ぶ図書館のわが指定席  西山春文

季題・日脚伸ぶ(ひあしのぶ/冬至が過ぎると日が日々長くなる。実感できる今日この頃ですね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「縁」

縁あれば千里をへだつるとも逢ひ易く、縁なければ面を対するとも見(まみ)ゆること難(な)し。

山東京伝/江戸後期の戯作者「桜姫全伝曙草紙」

(案外身近にいる人が運命の人なのに、ただ気付かないというだけかもね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの絵画「出島界隈」
  

Dejima

絵 山下康博画人(山鹿市在住) 心を癒す風景画「古里の四季」より


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年1月29日 (木)

俳句・名言・鳥「ミコアイサ」

1月29日(木) 陰暦十二月(師走)十日 乙巳 六白金星 先負 「長潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昭和基地開設記念日、人口調査の日、タウン情報誌の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

眠る山あまたの息をふところに  山崎文代

季題・山眠る(冬の山はいまこんな感じでしょう)

爪先より夢に入りゆく湯婆かな  永方裕子

季題・湯婆(たんぽ、ゆたんぽ/ゆたんぽは安全だしよく眠れまっせー)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「恩」

生きているうちは、知らねえまに、世間へ借りや貸しのできるもんだ。

山本周五郎/作家「さぶ」

(貸しは忘れても借りは忘れてはいけねえよ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「ミコアイサ(巫女秋沙)、カモ目カモ科」、全長約42センチ、雌雄異色、ユーラシア大陸亜寒帯のタイガで繁殖する。日本には冬鳥として九州以北に渡来する。湖沼や河川で生息しする。食性は主に魚類を食べるが、カエル、昆虫、甲殻類、植物の葉、根、種子も食べる。パンダのような顔が特徴である。
   

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6
   
撮影地 千葉県市川市  撮影 S・植木氏


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年1月28日 (水)

俳句・名言

1月28日(水) 陰暦十二月(師走)九日 甲辰 五黄土星 友引 「小潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
データ・プライバシーの日、コピーライターの日、宇宙からの警告の日、逸話の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

稚児の歩に合はすお練りや初不動  川澄祐勝

季題・初不動(正月二十八日、不動尊(不動明王)の初縁日

スケートの流れへ妻を突き放す  島村正

季題・スケート(夫婦喧嘩でもしたんでしょうね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「義理」

世の中は変わって行きつつあります。いや、もう変わってしまったのかも知れない。しかし、世の中がどんな風に変わっても、人間が人間らしく生きてゆける世の中である限りは、義理も人情も、やっぱりあった方がいい。ある方が本当ではないか。

庄野潤三/作家「昔も今も」

(義理が廃ればこの世は闇だ、という歌がありましたね。やっぱり世の中は明るい方がいいよね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの写真「コバルト色の海」 場所不明

35033707_017


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年1月27日 (火)

俳句・名言

1月27日(火) 陰暦十二月(師走)八日 癸卯 四緑木星 先勝 「小潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国旗制定記念日、ハワイ移民出発の日、ホロコースト犠牲者を想起する国際デー
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ラグビーや敵(かたき)の汗に触れて組む  日野草城

季題・ラグビー(シーズンですね。高校の時ラグビーのクラス対抗があっていたが試合が終わってよく小競り合いがあり、3年と1年の試合のときなど1年生がこづかれていました。ノーサイドなんてなかなかでしたね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「本文」

人間が人間として生きなかったということぐらい、恥ずかしいことはありますまい。松の木は必ず松の木としてのびてゆきます。ライオンは一生ライオンの声を失いません。

山本有三/作家「真実一路」

(その恥という言葉を知らぬものが世の中で幅を利かせている)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
長崎の教会群「出津教会」
  

Dscn0736_1024x630

020_1024x665

017_1024x722

「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年1月26日 (月)

俳句・名言・鳥「ツグミ」

1月26日(月) 陰暦十二月(師走)七日 壬寅 三碧木星 赤口 「小潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
文化財防火デー、有料駐車場の日、帝銀事件の日、コラーゲンの日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ほとけ恋ひゐて臘梅の一二りん  鷲谷七菜子

季題・臘梅(ろうばい/ロウバイ科の落葉低木。我家のロウバイは満開です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「境遇」

同じ人間なのに、人生の乗車券は特等から十等までぐらいある。

井上靖/作家「夜の声」

(中東情勢の原因も、もとを正せば格差社会にあることは間違いない)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「ツグミ(鶫)、スズメ目ヒタキ科」、全長約24センチ、雌雄同色、シベリア東部で繁殖し、日本には冬鳥として渡来する。農耕地、市街地などに生息し、主に木の実と昆虫を食べる。
  

Photo

Photo_2

撮影地 埼玉県北本自然観察公園  撮影 S・植木氏


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年1月25日 (日)

一月句会「2015」

一月句会「2015」 兼題は「新春雑詠」

初空を水面に映し眼鏡橋  路子

喪の人の一人欠けたる初句会  和牛

神木は溢れんばかり初みくじ  洋子

小人数こその和みや初句会  伯水

寒月や淋しきことの又ひとつ  汀子

年頭に古典繙く朝(あした)かな  初枝


例年のように小料理屋での初句会でしたが、会員のご主人が亡くなり淋しい句会となりました。  
  
今年も枯庭に蝋梅が咲きました

Dsc_0039_1024x769

2015年1月23日 (金)

俳句・名言・絵画「県境の集落」

1月23日(金) 陰暦十二月(師走)四日 己亥 九紫火星 先負 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
電子メールの日、八甲田山の日、真白き富士の嶺の日、アーモンドの日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

約束は確か北口風花す  中原道夫

季題・風花(かざはな/雲もなく晴れているのに雪がちらつくこと。待ち合わせは恋人?何かムードのある句です)

雪すこしかかりて暁けの凍豆腐  細見綾子

季題・凍豆腐(しみどうふ/豆腐を凍らせて乾燥させた保存食品、高野山でつくるものが高野豆腐)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「中庸」

多言は憎みを取る。他動は誹(そし)りを招く。多学は徳を害す。多説は理を乱る。

伊藤仁斎/江戸時代初期の儒学者「古学先生文集」

(何事も「多」はよくないという教え。現代日本では通用しない教えである)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの絵画「県境の集落 佐賀・三瀬」

Kenkyou

絵画 山下康博画人(山鹿市在住) 心を癒す風景画「古里の四季」より

「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年1月22日 (木)

俳句・名言・鳥「ツクシガモ」

1月22日(木) 陰暦十二月(師走)三日 戊戌 八白土星 友引 「中潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャズの日、カレーライスの日、飛行船の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小人数の親しき仲の初句会  松本たかし

季題・初句会(新年になって初めての句会/我らの句会も六人です)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言「老年」

五十で老いて、六十でくたびれ、七十になったら死ぬなどと決めこまずに、百二十歳まで生きると思って真剣に生きていれば、もし明日死んでも悔いはないのでしょうか。

瀬戸内寂聴/作家、天台宗の尼僧 「日めくりカレンダー、1/10」

(その通りでござる)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「ツクシガモ(筑紫鴨)、カモ目カモ科 」、全長約62センチ、ユーラシア大陸の温帯部に広く分布する大型のカモ。日本には少数が冬鳥として渡来する。以前は筑紫鴨の名の由来となったように九州有明海に多く渡来していたが諫早湾の干潟が干拓で無くなり数が激減している。広い干潟や湖に生息しカニ、貝類を食べる。
  

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

撮影地 渡良瀬遊水池(1月)  撮影 S・植木氏

「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年1月21日 (水)

俳句・名言

1月21日(水) 陰暦十二月(師走)二日 丁酉 七赤金星 先勝 「大潮」

款冬華(かんとうはなさく/フキノトウが出始める頃)、七十二候の一つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライバルが手を結ぶ日[1866(慶応2)年のこの日、長州の木戸孝允、薩摩の西郷隆盛らが土佐の坂本竜馬らの仲介で京都で会見し、倒幕の為に薩長同盟(薩長連合)を結んだ。]、料理番組の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

極道に生まれて河豚のうまさかな  吉井勇

季題・河豚(ふぐ/極道ではなくてもフグは美味いでござる)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言

暁(あかつき)知らずの宵枕 『譬喩尽(たとえづくし)』

(夜は早く寝て朝は遅く起きる、チョー怠け者をいうが起きているときに何をするかが問題)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「行ってみたいな青い海」、場所不明
  

35033707_018


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年1月20日 (火)

俳句・名言・鳥「カラムクドリ」

1月20日(火) 陰暦十二月(師走)朔日 丙申 六白金星 赤口 「大潮」

大寒(だいかん/極寒に見舞われるが春の兆しあり)、二十四節気の一つ
二十日正月
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
海外団体旅行の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

水尾(みお)引いて離るゝ一つ浮寝鳥  高野素十

季題・浮寝鳥(うきねどり/鴨、雁、鴛鴦、百合鴎など水に浮かんで暮らす鳥の総称)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄  きょうの名言

愛してもその悪を知り、憎みてもその善を知る  『礼記』

(愛すればその悪を知らず、憎みてその善を知らず。これが一般ですな)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの鳥「カラムクドリ(唐椋鳥)、スズメ目ムクドリ科」、全長約19センチ、東アジアから東南アジアに生息する。日本では数少ない冬鳥、旅鳥として石垣島などに生息するが、本州では先ず見ることがない迷鳥である。その珍鳥が東京板橋区石神井川沿いに現れたというのでバードウォッチャーが群がり現地で話題になっている。駆けつけたS・植木氏も見事にキャッチしその画像が送られてきました。
  

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

撮影地 東京板橋区(1月)  撮影 S・植木氏


「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html

2015年1月19日 (月)

俳句・名言

1月19日(月) 陰暦十一月(霜月)二十九日 乙未 五黄土星 先負 「大潮」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
家庭消火器点検の日、空気清浄機の日、のど自慢の日
「今日は何の日」http://www.nnh.to/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福寿草いたはり合へる姿にて  能村登志郎

季題・福寿草(ふくじゅそう/キンポウゲ科の多年草、かたまって咲くところをいたわり合っていると詠んだ優しい句ですね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
普段聞かないFM放送のスイッチを入れると、もっと百人一首を親しんで欲しいという声が耳に入ってきた。百人一首は高校時代全部覚えていたし今でも五十首ぐらいは覚えているしで、まあ今後ときおり採りあげたいと思います。

余禄  きょうの百人一首   源宗于朝臣(みなもとのむねゆきあそん)

山里は冬ぞさびしさまさりける

    人めも草もかれぬと思へば      『古今和歌集』

(現代でも通ずるところがあります)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
きょうの写真「長崎・黒崎教会」
 

Dscn0723_1024x652

Dscn0725_758x1024

Dscn0726_1024x768_1024x768

Dscn0727_1024x768_2

Dscn0728_1024x768

(現在長崎の教会群の世界遺産登録を目指し県知事らが渡欧中)

「被爆者の声」
 http://www.geocities.jp/s20hibaku/
「俳句読本」に掲載した俳句集[冬]
 http://www1.bbiq.jp/haikai/haiku4.html