時計

被爆者の生の声が聞かれます

心を癒す風景画

メルマガ・俳句読本

東国山人のつれづれ鳥日記


-占い-

訪問者数

アクセスカウンター

長崎原爆忌・俳句・名言

8月9日 (水) 陰暦六月(水無月)十八日 大安 戊辰 八白土星 「中潮」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

長崎原爆忌、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典[1945年8月9日午前11時ごろ、米軍のB29爆撃機「ボックスカー」がプルトニウム原爆「ファットマン」を投下し、長崎市松山町の500m上空で爆発した。約7万4千人の市民が死亡、約7万5千人が重軽傷を負った。]、
世界の先住民の国際デー、ムーミンの日、形状記憶合金の日、はり・きゅう・マッサージの日、パークの日、薬草の日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寺の鐘教会の鐘原爆忌  村中 のぶを

季題・原爆忌(8月9日は長崎原爆忌、山人は爆心地から3.4キロで被爆した。ピカドンといわれたようにあの眼の眩むような白い閃光は決して忘れることはない。原爆はアメリカが非戦闘員(老人、女、子供)に行った決して許すことが出来ない人体実験である。
原爆資料館にある原爆死没者名簿には、父、母、姉二人の名がある。

戦争がきょうも何処かで長崎忌  山人 (かなしいですね)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「戦争」

将来の戦争は勝利に終るのではなく、相互の全滅に終わる。

B・ラッセル/イギリスの数学者・哲学者

(核戦争が起きればこうなる)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

平成29年 長崎平和宣言

長 崎 平 和 宣 言

 「ノーモア ヒバクシャ」

  この言葉は、未来に向けて、世界中の誰も、永久に、核兵器による惨禍を体験することがないように、という被爆者の心からの願いを表したものです。その願いが、この夏、世界の多くの国々を動かし、一つの条約を生み出しました。

 核兵器を、使うことはもちろん、持つことも、配備することも禁止した「核兵器禁止条約」が、国連加盟国の6割を超える122か国の賛成で採択されたのです。それは、被爆者が長年積み重ねてきた努力がようやく形になった瞬間でした。

 私たちは「ヒバクシャ」の苦しみや努力にも言及したこの条約を「ヒロシマ・ナガサキ条約」と呼びたいと思います。そして、核兵器禁止条約を推進する国々や国連、NGOなどの、人道に反するものを世界からなくそうとする強い意志と勇気ある行動に深く感謝します。

 しかし、これはゴールではありません。今も世界には、15,000発近くの核兵器があります。核兵器を巡る国際情勢は緊張感を増しており、遠くない未来に核兵器が使われるのではないか、という強い不安が広がっています。しかも、核兵器を持つ国々は、この条約に反対しており、私たちが目指す「核兵器のない世界」にたどり着く道筋はまだ見えていません。ようやく生まれたこの条約をいかに活かし、歩みを進めることができるかが、今、人類に問われています。

 核兵器を持つ国々と核の傘の下にいる国々に訴えます。

 安全保障上、核兵器が必要だと言い続ける限り、核の脅威はなくなりません。核兵器によって国を守ろうとする政策を見直してください。核不拡散条約(NPT)は、すべての加盟国に核軍縮の義務を課しているはずです。その義務を果たしてください。世界が勇気ある決断を待っています。

 日本政府に訴えます。

 核兵器のない世界を目指してリーダーシップをとり、核兵器を持つ国々と持たない国々の橋渡し役を務めると明言しているにも関わらず、核兵器禁止条約の交渉会議にさえ参加しない姿勢を、被爆地は到底理解できません。唯一の戦争被爆国として、核兵器禁止条約への一日も早い参加を目指し、核の傘に依存する政策の見直しを進めてください。日本の参加を国際社会は待っています。

 また、二度と戦争をしてはならないと固く決意した日本国憲法の平和の理念と非核三原則の厳守を世界に発信し、核兵器のない世界に向けて前進する具体的方策の一つとして、今こそ「北東アジア非核兵器地帯」構想の検討を求めます。

 私たちは決して忘れません。1945年8月9日午前11時2分、今、私たちがいるこの丘の上空で原子爆弾がさく裂し、15万人もの人々が死傷した事実を。

 あの日、原爆の凄まじい熱線と爆風によって、長崎の街は一面の焼野原となりました。皮ふが垂れ下がりながらも、家族を探し、さ迷い歩く人々。黒焦げの子どもの傍らで、茫然と立ちすくむ母親。街のあちこちに地獄のような光景がありました。十分な治療も受けられずに、多くの人々が死んでいきました。そして72年経った今でも、放射線の障害が被爆者の体をむしばみ続けています。原爆は、いつも側にいた大切な家族や友だちの命を無差別に奪い去っただけでなく、生き残った人たちのその後の人生をも無惨に狂わせたのです。

 世界各国のリーダーの皆さん。被爆地を訪れてください。 遠い原子雲の上からの視点ではなく、原子雲の下で何が起きたのか、原爆が人間の尊厳をどれほど残酷に踏みにじったのか、あなたの目で見て、耳で聴いて、心で感じてください。もし自分の家族がそこにいたら、と考えてみてください。

 人はあまりにもつらく苦しい体験をしたとき、その記憶を封印し、語ろうとはしません。語るためには思い出さなければならないからです。それでも被爆者が、心と体の痛みに耐えながら体験を語ってくれるのは、人類の一員として、私たちの未来を守るために、懸命に伝えようと決意しているからです。

 世界中のすべての人に呼びかけます。最も怖いのは無関心なこと、そして忘れていくことです。戦争体験者や被爆者からの平和のバトンを途切れさせることなく未来へつないでいきましょう。

 今、長崎では平和首長会議の総会が開かれています。世界の7,400の都市が参加するこのネットワークには、戦争や内戦などつらい記憶を持つまちの代表も大勢参加しています。被爆者が私たちに示してくれたように、小さなまちの平和を願う思いも、力を合わせれば、そしてあきらめなければ、世界を動かす力になることを、ここ長崎から、平和首長会議の仲間たちとともに世界に発信します。そして、被爆者が声をからして訴え続けてきた「長崎を最後の被爆地に」という言葉が、人類共通の願いであり、意志であることを示します。

 被爆者の平均年齢は81歳を超えました。「被爆者がいる時代」の終わりが近づいています。日本政府には、被爆者のさらなる援護の充実と、被爆体験者の救済を求めます。

 福島の原発事故から6年が経ちました。長崎は放射能の脅威を経験したまちとして、福島の被災者に寄り添い、応援します。

 原子爆弾で亡くなられた方々に心から追悼の意を捧げ、私たち長崎市民は、核兵器のない世界を願う世界の人々と連携して、核兵器廃絶と恒久平和の実現に力を尽くし続けることをここに宣言します。

2017年(平成29年)8月9日

長崎市長  田上 富久


Hato

2017年8月 8日 (火)

「東国山人のつれづれ鳥日記」
ウミネコとアカエイ
背中から尾にかけ毒針を持つアカエイ。とくにこの時期のアカエイは人との接触の機会が多いだけに、ヒアリも顔負けの強敵。その毒針もウミネコには通用しないようだ。

Photo


Photo_2


Photo_3


ウミネコはアカエイの撲滅に一役買っていて、あちこちでこう言う場面を目にした。

Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7


撮影地  千葉県・ふなばし三番瀬海浜公園(7月)  撮影  S・植木


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月8日 (火) 陰暦六月(水無月)十七日 

涼風至「りょうふういたる/秋を感じさせる涼しい風が吹く頃」、七十二候の一つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

そろばんの日、屋根の日、ヒゲの日、ひょうたんの日、タコの日、笑いの日、白玉の日、洋食の日、鍵盤の日、デブの日、歯並びの日、ぱちんこの日、まるはちの日、親孝行の日、おばあさんの日、パパイヤの日、こども会の日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白玉や京の子供の京言葉  河野 美保子

季題・白玉(浴衣の幼子が「シラタマはおいしいどすな」といったのかな? 拙者、白玉にはめが無いどすえ?)


更け行くや水田の上の天の川  広瀬 惟然 (芭蕉の弟子)

季題・天の川(ここ二十年近く天の川は見たことありません。市内では全く見えんです。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「情熱」

情熱は川や海に似ている。浅いものはつぶやき、深いものは黙している。

W・ローリー/イギリスの探検家

(私は寡黙の人と言われるが、深くも浅くもない、中庸でござる)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年8月 7日 (月)

鳥「スグロカモメ」・俳句・名言

[東国山人のつれづれ鳥日記]
スグロカモメ・チドリ目カモメ科
ズグロカモメは日本では冬鳥。今の時期には中国東北部辺りにいるはずが、何らかの理由で三番瀬に飛来した。頭が黒い夏羽のズグロカモメ。頭の白い冬羽ばかりを見て来た眼には、まるで初見の鳥を見る思いだ。絶滅危惧種。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7


撮影地  千葉県・ふなばし三番瀬海浜公園(7月)  撮影  S・植木


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月7日 (月 陰暦六月(水無月)十六日 

立秋「まだまだ暑い盛りだが暦のうえではきょうから秋」、二十四節気の一つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

鼻の日、花の日、バナナの日、機械の日、オクラの日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

七夕竹立ちし夜空のひびきけり  佐藤 明日香

季題・七夕祭(仙台/昨日のニュースで放送されていました。)
http://www.sendaitanabata.com/about


そよりともせいで秋立つ事かいの  上島 鬼貫

季題・秋立つ、立秋(例年だとこんな感じだが、台風5号が列島縦断の予報、ご注意下さい。当地はそれて影響無かったです)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
投句

眼裏(まなうら)のことみな淡し走馬灯  遥夢

(走馬灯を見ているとはるか昔の想い出が脳裏をかすめる?軽い句ではないですね。余韻があります)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「悪人」

猫の毛色にも虎のような斑(ぶち)があるも、虎に似ているというだけで、誰も虎とは思うまい。ところが人間には、淺知恵をはたらかす者のいて、さもおのれを虎のように飾りたてて、人を惑わす。

石田三成/安土桃山時代の武将

(淺知恵をはたらかす者が、権威という鎧を着ていると人は簡単に惑わされる。惑わされるか、されないか、愚者と賢者の別れ目である)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年8月 4日 (金)

鳥「オオソリハシシギ」・俳句・名言

「東国山人のつれづれ鳥日記」
オオソリハシシギ・チドリ目サギ科の鳥
シベリア辺りで繁殖期を過ごしたオオソリハシは、夏から秋にかけ順次東南アジアに渡って行く。三番瀬としては、未だ夏羽を色濃く残す最初の訪問客だ。その羽を暫くここで休めていく。絶滅危惧種。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7


撮影地  千葉県・ふなばし三番瀬海浜公園(7月)  撮影  S・植木

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月4日 (金) 陰暦六月(水無月)十三日 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

箸の日、橋の日、吊り橋の日、ビヤホールの日、ゆかたの日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

駈けてくる子を掬(すく)ひとる日傘かな  石川 文子

季題・日傘(ひがさ/先日のニュース、東京で日傘をさしているおじさんが取材で、この暑さでは体裁など関係ないと言っていました。拙者も近くの新大工町商店街に行ったとき、日傘を差している三人の老人に会いました。勿論拙者も日傘をさすでござる。)


人の世に後戻りなし走馬灯  下村 梅子

季題・走馬灯(そうまとう、回り灯籠/ 走馬灯を見ているといろんな感慨が胸をよぎる)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「特権」

およそ特権というものの、また特権的地位というものの特性は、人間の知性と心情とを殺してしまうことにある。政治的にせよ、経済的にせよ、特権を得た人間とは、知的にも道徳的にも堕落した人間である。

バクーニン/ロシアの革命家、無政府主義者

(これはロシア王制に対する批判であるが、今の日本にも通用しそうである?)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年8月 3日 (木)

鳥「ミゾゴイ」・俳句・名言

「東国山人のつれづれ鳥日記」
ミゾゴイ・ペリカン目サギ科の鳥
希少種のミゾゴイが営巣していると言うので行ってみた。以前、飼育のミゾゴイが公園に遺棄されたのは見たことがあるが、野生は初めてだ。営巣は数年前から続いていたらしく、今年は4羽が孵り、そのうち3羽は既に両親鳥とともに巣立ち、1羽だけが取り残されていた。

孵って1ヶ月余、色形も殆ど成鳥と同じ。ミゾゴイを特徴付ける腹の蛇腹も立派だ。

Photo


Photo_2


Photo_3


ミミズを好む。従って活動の中心は木々が茂り、落ち葉が堆積したような場所。暗くてカメラマン泣かせだ。

Photo_4


Photo_5


Photo_6


警戒心が強い鳥と思っていたが、園内の人通りを極度に気にする風でも無い。幼鳥のせいもあろうか。確かに、生まれながらにして警戒心が強いと言うのも想像しにくい。

Photo_7


Photo_8


地上15mの巣。カラスは今でも巣の周りに屯している。雛たちはよくここまで無事でいられたものだ。

Photo_9


撮影地  静岡県浜松市(7月)  撮影  S・植木


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月3日 (木) 陰暦六月(水無月)十二日 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

司法書士の日、学制発布記念日、はちみつの日、ハサミの日、ハモの日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

吊革の空き一つなき極暑かな  江頭 勝馬

季題・極暑(ごくしょ、こくしょ/夏の最も極まる暑さ、むし暑さ。 昨日、長崎もついに37、6度という観測史上最高気温を記録しました。たまらんですな)


小悪魔になつたつもりのサングラス  黛 まどか

季題・サングラス(うんうんと理解できる句ですね。 しかし老人にとっても夏のサングラスは必需品。体裁などかまっておられませんぞ。)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「創造」

創造はむずかしく、模倣はやさしい。

コロンブス/イタリアの航海者 

(1492年の8月3日、コロンブスは第一回目の大西洋横断航海に出発した。46歳だった。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年8月 2日 (水)

鳥「ササゴイ」・俳句・名言

「東国山人のつれづれ鳥日記」
ここはササゴイの餌場。この周辺で2、3番(つがい)が子育て中のようで、親鳥たちは、雛の旺盛な食欲に応えようと、ここで餌獲りに夢中だ。親から受け継いだ知恵だろう、川下から川上へオイカワやアユを追って行く。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7


素嚢か胃袋に一杯詰め込むと、雛の待つ巣に一直線。代わりに別の親鳥がやってくる。

Photo_8


撮影地  埼玉県狭山市・入間川(7月)  撮影  S・植木


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月2日 (水) 陰暦六月(水無月)十一日 

大雨時行「たいうときどきおこなう/夕立が時々ある頃」、七十二候の一つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

カレーうどんの日、金銀の日、ホコ天記念日、博多人形の日、パンツの日、ハーブの日、ビーズの日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

散れば咲き散れば咲きして百日紅  加賀 千代女

季題・百日紅(さるすべり、ひゃくじつこう/ミソハギ科の落葉高木。幹がつるつるしているので猿も滑るからの名という。散歩道の崖の上にピンクの花を付けています)

ねぶた来る熱気に街の闇消ゆる  渡辺 大地

季題・佞武多(ねぶた、ねぷた/青森市(ねぶた)と弘前市(ねぷた)で八月上旬に行われる燈籠流し。まだ見たことがなかです)
https://www.nebuta.or.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「過失」

過失の弁解すると、その過失を目立たせる。

シェークスピア/イギリスの劇作家 

(嘘つきがこれは真実と嘘をつけば、その嘘を目立たせる)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年8月 1日 (火)

鳥「ソリハシシギ」・俳句・名言

「東国山人のつれづれ鳥日記」

秋の本格的渡りを前に、早々とやって来たソリハシシギ。

Photo


何時もは、独り砂浜で蟹を求めて走り回っているのに、ここではダイゼンと行動を共にし、ダイゼンの子雛かのように振舞っていた。ダイゼンとは所属は違っても生息地は同じ。そう言うこともあるだろうか。

Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


撮影地  千葉県・ふなばし三番瀬海浜公園(7月)  撮影  S・植木



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
8月1日 (火) 陰暦六月(水無月)十日 先負 庚申 七赤金星 「小潮」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

水の日、洗濯機の日、肺の日、麻雀の日、世界母乳の日、パインの日、島の日、花火の日、夏の省エネルギー総点検の日、バイキングの日、愛知発明の日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

八月の旅人として爆心地  長谷川 瑞恵

季題・八月(6日広島原爆忌、9日長崎原爆忌を忘れてはいけない)

浴衣着てマクドナルドで待ち合はす  黛 まどか

季題・浴衣(ゆかた/掲句、最近ではよく見られる光景でしょう。 花火大会での少女等の浴衣姿は結構多かったですね)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「体験」

体験が人間にとって何よりの修養だと云ふことも言はれるがこれも当てにならない。むしろ書物や体験を絶えず片端から切払ひ切払ひするところに人の真実が研かれる。

徳田 秋声/作家 

(そうかも知れんですね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年7月31日 (月)

鳥「ホシガラス」・俳句・名言

「東国山人のつれづれ鳥日記」 ホシガラス

乗鞍岳など高山で見られるカラスの仲間。待っていて近くにやってくるのは、恐らくここだけであろう。2、3回湯浴みして帰って行った。程々に人慣れしているが、都会のカラスとは違って節度を心得ているようだ。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


撮影地  山梨県・富士山五合目(6月)  撮影  S・植木

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7月31日 (月) 陰暦六月(水無月)九日 友引 己未 八白土星 「小潮」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

パラグライダーの日、蓄音機の日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

帰省子に腹ばふ畳ありにけり  生田 恵美子

季題・帰省子(きせいし/故郷を離れて暮らしている学生や社会人が夏休みに帰郷すること。 実家が心からくつろげる人は幸いなり。
昨日東京で保育士をしている次女が、小三の子とポメラニアンのワン公連れて帰崎。ポメラニアンと我家のチワワは孫娘が飼っていた兄妹である。孫娘が大喜びしていると思うと心が和む。兄は去勢しているので安全である。(^_^;)

Img_4563_1280x780

Img_4564_841x1280


夜は回転寿司を食べに行き、その後「長崎みなとまつり」の花火大会見にいった。港内の僅か数百メートル先から上がるので大花火は見上げる真上に花開く。娘も孫も大満足だった。


海の闇花火炸裂してやまず  平本 和子

季題・花火(昔は秋の季語だったが今は夏の季語。花火が終わると大人も子供も拍手喝采。花火を楽しむ人間には悪人はいないという気がした)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「幸福・不幸」

人間が不幸なのは自分が幸福であることを知らないからだ。ただそれだけの理由なのだ。

ドストエフスキー/ロシアの作家 『悪霊』 

(幸福か不幸かは人それぞれの心の持ち方による?どうだろう?)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年7月28日 (金)

鳥「ミヤコドリ」・俳句・名言

「東国山人のつれづれ鳥日記」
ミヤコドリ

通年見られるようになったミヤコドリ。今では三番瀬に無くてはならない風景だ。

Photo


豊饒な浅瀬、食べ物には困らない。魚を食べたが、直ぐに吐き出した。やはり蛤が一番、肥えた口には雑魚は合わなかったようだ

Photo_2


Photo_3


Photo_4


上げ潮の流れは速い。飛翔を撮影しようと待機すること30分、ミヤコドリの足元を急流が洗うようになると、それに促されてやっと飛び立った。

Photo_5


Photo_6


撮影地  千葉県・ふなばし三番瀬海浜公園(7月)  撮影  S・植木


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7月28日 (金) 陰暦六月(水無月)六日 

土潤溽暑[つちうるおいてじょくしょす/強い陽気が土の湿りけを蒸発させて、蒸し暑い頃]、七十二候の一つ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

世界肝炎デー、地名の日、菜っ葉の日、なにわの日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いろいろの人が道行くかき氷  菊田 一平

季題・かき氷、氷水(こおりみず)/かき氷でほっとすると、道行く人を品定めする余裕が出てくる。 拙者はイチゴミルクが一番好きでござる。


蜜豆や幸せそうに愚痴を言ふ  和気久良子

季題・蜜豆(みつまめ)/蜜豆を食べると幸せ気分になるんだ。 妻の好物、冷蔵庫にいつも買い置きがあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
投句  遥夢さんから「蝉時雨」の投句がありました。

海凪や要塞跡の蝉しぐれ  遥夢

この句、静かな海に対する荒れ果てた要塞、辺りは蝉時雨、対比の妙に蝉時雨がとても効いています。 戦争の傷跡とか何かいろんなものが膨らんできますね。
これは名句かも(^o^)

夕凪という夏の季語があります。海岸地方で夕方になると風がそよとも吹かぬようになり、耐え難い暑さになります。長崎では特に顕著です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「男」

女によって堕落する人もある。しかし女あって生きられる人が何人あるか知れない。

武者小路実篤/作家 

(さてどっちが多いのでしょうね)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年7月27日 (木)

鳥「アオバズク」・俳句・名言

「東国山人のつれづれ鳥日記」
アオバズク
地元八王子の神社で見たアオバズク。番(つがい)でいて、雌が抱卵中。歴史ある八王子にふさわしく、この神社も車1台やっと通れるかどうかの狭い参道の先にあって、それが創建の古さを暗示ている。

おきもせず、寝もせで・・

Photo


Photo_2


Photo_3


抱卵の雌親。今頃は雛も孵っているだろうか。

Photo_4


Photo_5


Photo_6


撮影地  東京都八王子市(7月)  撮影  S・植木


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7月27日 (木) 陰暦六月(水無月)五日 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

スイカの日、政治を考える日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

征(い)く父を送った駅の蝉しぐれ  石津 嶺祐

季題・蝉時雨(せみしぐれ)/近頃は朝目覚めると蝉時雨が姦しい。
 掲句 「センソウハンタイ!センソハンタイ!」と鳴いているように聞こえたかもですね。 蝉時雨とは関係ないが、長崎にはなぜかみんみん蝉がいないのである。だから生で聞いたことがまだないです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「恥」

羞恥心(しゅうちしん)の欠点は、たえず嘘をつかせることである。

スタンダール/フランスの作家 『恋愛論』

(24日、25日の衆・参予算委員会の政府答弁を聞いていると、この名言を思い出した。でも彼等には本当に「羞恥心」が欠如してるのでは?とマジに思った次第である)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017年7月26日 (水)

鳥「コグンカンドリ・P-2」

「東国山人のつれづれ鳥日記」

コグンカンドリ--カルチャーショック

コグンカンドリは、図体の黒い、これまで見たこともない不気味な鳥に襲われた、と思ったであろう。しかも徒党を組んで。ホームであれば誰からも一目置かれていただろうに、コグンカンドリの不意を突かれた慌てぶりが目に浮かぶ。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7


どこでカラスを巻いたのか、暫くして独り戻って来た。なぜカラスが襲ってきたのか、生まれも育ちも違うコグンカンドリには、その理由が分かっただろうか。それとも分からずに、ただただ殺伐とした国に来たことよ、とショックを受けたか。その日を最後に姿を消してしまった。

Photo_8


撮影地 東京都・葛西臨海公園(7月)  撮影 S・植木

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7月26日 (水) 陰暦六月(水無月)四日 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日は何の日」http://www.nnh.to/

幽霊の日[1825(文政8)年のこの日、江戸の中村座で四世鶴屋南北作『東海道四谷怪談』が初演された。東海道四谷怪談(通称『四谷怪談』)は、夫民谷伊右衛門に毒殺された四谷左門の娘お岩の復讐話で、江戸の町に実際に起こった事件をモデルにしている。]、日光の日
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一夜酒隣の子迄来たりけり  小林 一茶

季題・一夜酒(いちやざけ、甘酒のこと)/今や甘酒は年中あるが、江戸時代は夏の飲み物だったことから夏の季題になっている。 昨日のニュースでは甘酒の売り上げが最近大幅に伸びてきたということでした。またカクテルにしても美味しかったとレポーターは言っていました。試されては如何でしょう?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
余禄 きょうの名言 「生き方」

貧しくとも君の生活を愛したまえ。

ソロー/アメリカの思想家 『森の生活』

(なかなかこうはいかない。年を取らないと無理かな)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー